“新講座”◆ヴォーカル&ミュージカル・ワークショップ

◆小山けいと講師◆

ポップスやミュージカルが楽しく歌える!!
(本場ブロードウエイのミュージカルやアメリカで人気のテレビ番組『GLEE』のカバーなどを選曲。)

ヴォイスレッスン

ミュージカル・トレーニング
(初めての方は基礎から、ご経験の方はさらなるレベルアップが図れるレッスン!)




★ 入会随時受付・見学自由 2015年 6月開講~時間応談
★入会金:¥5,000
★ワークショップ(講習会)受講料:\10,000+消費税
★アイゼナハ・ホール(アンダンテ上階3F)

◆◇ 主なナンバー◇◆

1. ウイキッド(Wickid)
Defying Gravity
For Good

2.ヘアスプレイ (HAIRSPRAY) 
You Can't Stop the Beat

3.『アナと雪の女王』
Let It Go

4.ドリーム・ガールズ(Dream girls)
Family

5.レント(RENT)
Seasons of Love
Take me or leave me

6.Don't Sotp Believin'

7.レディー・ガガ(Lady Gaga)
Poker Face(pf)
Born This Way
Edge of Glory


********

1~10人グループまで、その時のニーズや集まり具合、メンバーの個性に応じて
曲目を決めたり、参加者のご希望も最大限取り入れて指導します。
(個人~グループレッスン)


※曲目のストックはまだまだありますのでどんどんリクエストして下さい。

∞∞プロフィール∞∞
◆<小山けいと:ヴォーカル>
蔵野音大を卒業後、英国王立演劇学校RADA 短期コース留学。
東宝ミュージカル「Anything Goes」「The Sound of Music」等、数多くの舞台に出演。またCMソングも多数レコーディング。
その後、亡き曽祖父の足跡を訪ねブラジルへ渡る。
ブラジルの大作曲家、Durval FerreiraのプロデュースでDurval Ferreira&TambaTrioのBebeto
と共にリオやサンパウロを拠点にコンサート活動を行う。
サンパウロのルネッサンスホテルでディナーショー。
ブラジルの国際交流基金主催でMuseu de casa brasileira 他多数。
2006年、待望のファーストアルバム「Que Coisa Boa」発売。
(Durval Ferreiraプロデュース・全ブラジル録音)
2007年RMAJよりアルバム「音・コラージュ」にオリジナル2曲。
同年、Fino の「Lovers On Bossa」(BMGレコード)ではカーペンターズの「雨の日と月曜日は」をポルトガル語で収録。
2008年、映画「252~生存者あり」のサウンドトラックのVoiceを担当。
ポルトガル語ではもちろん、独特な感性の日本語訳詩で歌うボサノバに注目され、訳詩・作詞の依頼も多い。
ボサノバ、サンバ、MPBに限らず、日本ではめずらしいブラジルゴスペルを歌い、
幅広くブラジル音楽を提供。静かなラウンジから野外イベントまで多様なやライブシーンで活躍中。
Voice Trainer Voice Counselor として演劇のエチュードやアレクサンダーテクニーク
を取り入れて、身体のリラックスと支えるための腹式呼吸、言葉の音声に注目した独自のトレーニングで、
個々のトレーニングカリキュラムを作り、声を楽に出す事、楽しく学べる体作り、リズムトレーニングをしていく。
「Pops」「J-Pop」「BossaNova」「ミュージカル」「ゴスペル」他生徒各自の目標により、
ジャンルの枠を超えた指導を行っている。


ヴォーカル&ミュージカル・ワークショップに関するお問い合わせはmailto:info@eisenach.jp【アイゼナハ音楽院】まで